家族にバレずに債務整理

手続きによっては家族にバレずに債務整理も可能

家族に内緒で作った借金。
最初はすぐに返せるだろうと思っていたけれど気が付けばお金を借りて返済をする自転車操業・・・。
今の状況だと家族にバレるのは時間の問題だし、なんとかなるような金額ではなくなってしまった。

 

 

誰にも相談できず一人で借金問題を抱えてしまった結果このように八方ふさがりの状態になり
借金を返済することが困難になってしまっている人は多いのではないでしょうか?

 

 

このような借金生活から抜け出すための手段として債務整理があります。
しかし、家族に内緒で借金をしているのでできることならバレたくないという人も多いはず。

 

では家族にバレずに債務整理をすることは可能なのでしょうか?
債務整理と言ってもいくつかの方法がありますが、取る方法によっても変わってきます。

 

 

このような借金問題がバレてしまうのは主に郵便物、電話と決まっています。

 

 

債務整理の中でも任意整理であれば家族にバレずに行うことも可能です。
しかしこれには依頼する弁護士事務所や司法書士の協力が必要不可欠と言えるでしょう。

 

 

もし家族が保証人になっている借金がある場合、債権者から弁済の請求がいってしまいますが、
任意整理は整理する借金を選ぶことができるので家族が保証人になっている借金があり
家族にバレたくないという場合はその借金は任意整理の対象から外せば問題ありません

 

 

家族に内緒にしたいということをあらかじめ専門家に伝えて相談していれば
任意整理がバレる可能性はかなり低いでしょうし、借金返済も楽になります。
他の債務整理同様、信用情報に事故情報が記載されてしまいますが、バレずに行う債務整理と考えると任意整理です。
信用情報への影響の詳細は「任意整理をした場合の信用情報への影響」こちらの記事で紹介しています。

 

 

一方で、その他の個人再生や自己破産といった手続きの場合は裁判所を通すので、世帯収入や手持ち資産の公開などに必要な準備書類を揃えなければいけないので家族にバレずに行うことは難しいでしょう。個人再生であればなんとか誤魔化してバレずに手続きができる可能性がほんの少しありますが、自己破産を家族にバレずに行うことは不可能です。

 

 

極力バレないようにという方針で進めて行くとことは可能かもしれませんが、
いずれわかってしまう可能性が高いことを考えると最初から打ち明けて進めたほうが
手続き自体も円滑に進めることができるかと思います。

 

 

家族と同様に職場にバレたくないという方もいると思いますが、職場の場合は自己破産でもバレずに行うことができます。

 

しかしこれも専門家の適切なアドバイスと協力を得られてこそです。

 

 

債務整理で借金がどれだけ減るのか?シミュレーションしたい方はコチラ>>>

家族にバレたくないからと最適な手段を取らないのは

上記のように債務整理も専門家の手を借りることでできるだけバレずに行うことができます。
なので誰にもバレずに今の借金生活から抜け出し、また心機一転生活をスタートさせることも可能です。

 

借金をしているのは後ろめたいと感じている人がほとんどなので知られたくないという
気持ちもわかりますが、それを基準に取るべき選択を誤ってしまっては本末転倒です。

 

家族にバレたくないから個人再生は嫌、自己破産は嫌、というのがあってはならないということです。
当たり前の話ですが債務整理は誰かにバレないことが目的ではなく、
あなた自身が借金から立ち直ることが一番の目的だからです。

 

ですからそれを一番の目的に最適な手段を取って一日も早くストレスだらけの借金生活から抜け出しましょう。

 

あなたに適した弁護士、司法書士を比較・無料相談ができるサービスはコチラ>>>

 

 

債務整理をすることで借金問題が解決できる可能性は今よりもグッと高くなることでしょう。
借金を減らしたり、完済する目途を立てることができれば、これまでになかった心の余裕が生まれて
家族との関係を含めてもっと充実した人生を送ることができるでしょう。

債務整理が家族や職場にバレる原因について

債務整理が家族や職場にバレる原因について考えてみたいと思います。
まず、家族に債務整理がバレる原因として最も多いのが郵便物でしょう。

 

特に裁判所を通す必要がある場合、裁判所からの郵便物が自宅に届けばその時点でOUTです。
弁護士事務所に債務整理の依頼をすると、債務整理に関する郵便物の類は弁護士事務所のほうへ
送ることが可能なので郵便物で債務整理が家族にバレる可能性は低くなります。

 

弁護士に債務整理を依頼してバレてしまう原因としては、弁護士との電話やメールの
やり取りが家族にバレてしまうケースです。

 

携帯やスマホの電話帳に登録する時には別の名前で登録しておく、なるべく債務整理を
内緒にしたい相手の前では連絡を取らないなどの配慮が必要になります。

 

 

債務整理がバレるのは何も手続き中だけとは限りません。
例えば、債務整理をすると手続きによって変わりますが、一定期間クレジットカードが作れない、ローンを組めないといった状況に陥ります。その様子が不自然だと怪しまれる原因となります。バレずに債務整理を行う場合は事前に債務整理後の生活においてもバレない言い訳などを考えておきましょう。

 

 

家族ではありませんが、職場にバレずに債務整理を行う際に注意したいのが退職金証明書です。
退職金証明書は債務整理でも個人再生や自己破産の手続きをする際に必要になる書類です。
会社に退職金制度がなければ関係ありません。

 

 

申請はおそらく経理や労務が担当していますが、会社によっては申請の際に理由や提出先が必要になります。
バレずに債務整理をする際にはこうした必要書類を準備する際の言い訳も考えておきましょう。
法律事務所に誰にもバレずに債務整理をしたいと相談をすれば、このような必要書類を準備する際によく使われる言い訳についても教えてもらうことができるので安心です。

 

 

ちなみに退職金証明書であれば住宅ローンや教育ローンの与信調査のために必要になるといって会社側に証明書を発行してもらう人が多いです。

 

【参考記事】
個人再生は誰にも知られずに行うことはできるのか?

 

そして最後に、家族に債務整理がバレてしまう意外な原因として債務整理費用を工面してもらうケースがあります。
どんな状況か?というと、借金で首が回らなくなって専門家に相談して債務整理をしようと決意したけれど、専門家に支払う費用が用意できず家族に借りてその費用を支払ったケースです。

 

以前、債務整理経験者に行ったアンケート結果では内緒で債務整理したかったのに、家族にバレてしまった人のおよそ9割が「家族に債務整理の費用を借りた」人達でした。さすがに債務整理の費用を家族に借りたらバレる可能性が高いので、もし債務整理の費用を事前に捻出できない方は事前に家族に打ち明けてから債務整理の手続きをしたほうがスムーズに進むでしょう。

 

債務整理の費用は、多くの法律事務所で分割払いに対応しているので相談すれば費用の支払いは柔軟に対応してくれるケースが多いです。また、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すればその段階で債権者に受任通知が送られるので借金の催促や返済が一時的にストップします。

 

仕事をしていて継続的な収入がある方は、その期間を利用して弁護士・司法書士費用の分割払いを行っています。
もしあなたが家族にバレずに債務整理を考えているなら、以下の3つのポイントに注意しましょう。

 

・弁護士、司法書士に債務整理を依頼する
・債務整理でも任意整理で解決できるか?を無料診断などで調べる
・債務整理費用を捻出するスケジュールを事前に立てる

 

この3つに気を付けて債務整理を行えば家族にバレる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。
その他、職場や知人なども同様です。

 

債務整理で借金がどれだけ減るのか?シミュレーションしたい方はコチラ>>>