債務整理 家族カード

債務整理をした場合の家族カードへの影響は?

多くのクレジットカードは契約者の名義で配偶者や子供に追加でクレジットカードが作成できます。
この時に追加で発行されたカードを「家族カード」と言います。

 

家族カードを発行することで、主婦や子供でもクレジットカードを持つことができたり、
クレジットカードの利用ポイントをまとめて貯めたり、年会費がお得になったりします。

 

もし、借金が返済できずに債務整理をした場合、家族カードにはどんな影響があるのでしょうか?

 

・自分が契約者となって家族カードを発行していたケース
・家族カードを使っていたケース

 

上記の二つのケースにおいて、債務整理の影響を見ていきたいと思います。


自分が契約者となって家族カードを発行していた場合

自分が契約者となって配偶者や子供に家族カードを発行していた場合、
債務整理をすることで自分も含めて家族カードが利用できなくなるでしょう。

 

もし、家族に内緒で債務整理をした場合、家族カードの利用が停止されたことがきっかけで
債務整理が家族にバレてしまう可能性があります。

 

債務整理でも任意整理であれば整理する借金の対象を選択できるので、家族カードを
発行しているクレジットカードを任意整理の対象から外すことですぐに解約とはなりませんが、
クレジットカードの更新の際に行われる与信調査で個人信用情報を調べられてしまうと、
その段階で契約更新ができなくなり、解約となってしまいます。

 

 

なので家族カードを発行していた場合は債務整理をする前に他の理由を付けて
家族カードを回収しておくのがバレないための方法と言えるでしょう。

 

>>家族にバレずに債務整理をする方法はコチラ

自分が家族カードを使っていた場合

自分が夫や妻、父や母名義の家族カードを使っていた場合に債務整理をしたらどうでしょうか?
この場合は契約者が自分ではないので、契約者が遅延などのトラブルがなければ
債務整理をしてもクレジットカードをそのまま使い続けられる可能性が高いです。

 

ただし、先程も紹介したように更新の際には同様に与信調査が行われます。
家族カードの場合は基本的に契約者の審査(クレジットヒストリーや収入状況)となりますので、
家族の事故情報まで調べるケースはほぼないと言われていますが、口コミなどを見ていると
制限されてしまったといった声もあるようなので、カード会社によって対応が異なるようです。

 

しかし、家族カードは債務整理をした後でも作成できるケースもあるので可能性としては、
債務整理の影響がない可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

家族に影響が出ないように債務整理がしたい・任意整理で毎月の返済額がいくら減るのか?具体的な金額や方法が知りたい方は「街角相談所-法律-」の無料相談サービスがおすすめです。たった3つの質問事項に回答するだけで弁護士や司法書士といった専門家から診断結果を電話やメールで無料診断してもらえます。