借金 一括返済 督促

借金の一括返済の督促が届いたらどうすればいいのか?

借金を抱えていて、地道に返済をしていたけれど利息すらも支払えなくなった!
どうしようもなくて放置していたら急に訴状や督促状が郵送で送られてきた・・・。

 

 

借金返済の催促は最初のうちは電話やハガキなどで行われるのが通常ですが、
それでも支払いをしていなければ裁判所からの訴状や督促状が郵送で送られてくることがあります。

 

 

内容としては現在の借金を一括返済してくださいというものです。
しかし、督促が届くような状況ですべての借金を一括返済できる人は少ないでしょう。
支払えないから延滞、放置しているのにいきなり一括返済の督促が来たら焦りますよね・・・。

 

 

ただ一括返済ができないことは貸金業者もわかって送っている場合が多いです。
ちなみにどれぐらい借金の放置しているとこういった督促状が届くのかというのは金融業者によって様々で
早ければ3ヶ月から4ヶ月、遅いと3年から4年経過してからこのような郵送が届くことがあります。

 

 

では、このような借金の一括返済の督促が届いたらどうすればいいのでしょうか?
一番やってはいけない対応というのが督促すらも放置してしまうことです。

 

 

そうすると財産の差し押さえや給料の差し押さえといった強制措置が取られる可能性が高くなります。

 

 

でも今の借金を一括返済するなんて無理・・・。
という人もたくさんいると思いますが先程もお伝えしたように貸金業者は一括で返済できるとは思っていません。

 

 

なので分割にしてほしいという返答でもいいので必ず督促に対しては回答しなければいけません。
この後のケースは様々で金融業者との話し合いで分割払いで和解ができれば裁判所にその答弁書を提出すれば大丈夫です。

 

 

基本的には借金の一括返済の督促が届いた場合は分割での和解が成立することが多いです。

 

もし、その他にも借金があったり、分割でも支払っていくことが現実的に考えて厳しいという場合は、
このようなタイミングで弁護士や司法書士といった専門家に相談して債務整理を行うのも一つの手です。

 

 

債務整理といっても色々な手段がありますが、今抱えている借金を減らすことができたりするので
現在の苦しい状況から脱出することができます。

 

家族にバレずに債務整理をしたいという方はこちらを参考にしてください