任意整理 信用情報

任意整理をした場合の信用情報への影響

債務整理の一つである任意整理は借金を返済するための手段として有効ですが、
多くの人が気になるのが個人の信用情報への影響ではないでしょうか?

 

 

なぜなら信用情報に事故情報が記載されてしまうとローンが組めなくなったり、
新たな借り入れをすることができなくなったりクレジットカードが持てなくなったりと
何かと普段の生活の中にも影響が出てしまうからです。

 

 

そのため、できることなら信用情報に事故情報を記載されたくないというのが本音でしょう。
しかし、任意整理をすると信用情報には事故情報が記載されてしまうというのが現実です。

 

 

では、任意整理をすると借金を減らすことはできるけどその代わりにローンが組めなくなったり
クレジットカードを作ることは一生できなくなってしまうのでしょうか?

 

 

実はそうではありません。
信用情報というのは一定期間が経過するとクリアになると言われています。

 

 

信用情報を取り扱っている機関はいくつかあるので一概には言えませんが大体5年程度
新たに事故扱いになるようなことをしていなければ信用情報は元の状態になります。

 

 

なので任意整理をしていたとしても借金を完済してから5年経過すればローンを組むこともできますし
クレジットカードを作ることもできるというわけです。

 

 

ただ、ローンやカードなどは信用情報だけではなくその他の審査基準もありますので
一概に絶対に大丈夫というわけではないということだけは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

 

5年間は新たな借り入れができなかったりするわけですが、その期間は過去の借金の経験を踏まえて
少しでもお金を貯蓄に回すようにしておけば5年間でそれなりの資金を作ることも可能でしょう。

 

 

家族にバレずに債務整理をすることは可能?>>>