債務整理をすることを伝える

債権者に債務整理をすることを伝える

借金の返済が困難になると債務整理という選択肢も視野に入ってくることでしょう。
債務整理をすると借金が減額されたり、取り立ての連絡からも解放されることになります。

 

では、どうしようもなく債務整理をする決断をした時に、どのタイミングで相手側(債権者)に伝えればいいのでしょうか?
もしあなたが債務整理の手続きを専門家に依頼している場合は手続き開始後にその専門家が
債権者に対して受任通知の発行・取引履歴の開示請求をしてくれますのでそれが相手側に
届いた段階で取り立ての連絡はなくなり、交渉がまとまるまで返済をしなくてもよくなります。

 

場合によっては返済日を過ぎてしまってから専門家に依頼をして受任通知が相手側に届くまでの間に
返済を迫ってくる連絡があなたに来ることも考えられますがその連絡には出るようにしましょう。

 

その際には債務整理をする旨を相手に伝え、専門家に相談中といったことを伝えるようにしましょう。
どうせ債務整理をするんだからとこの時の連絡に出なくてもいいと思う人もいるかもしれませんが、
相手側はまだそのことを知らないので担当者としては債務者の状況を調べる必要が出てしまい、
場合によっては手紙が届いたり、職場に連絡が行ってしまう可能性も考えられます。

 

なのでたとえ債務整理が前提だとしても貸金業者の担当者に変な心配をさせないためにも
債務整理の受任通知が相手に届くまでは連絡を無視することがないようにしておきましょう。

 

中には債務整理を検討中と伝えるとそうはさせまいと支払いを迫ってくる業者もあるかもしれませんが、
そんな時でも払えないものは払えないのですいませんと言っておけば大丈夫です。

 

>>>会社や家族に債務整理がしたい方はコチラ